ゴルフライフを豊かに彩るためのトータルスタイルショップ!
ゴルフ用品の通販ならDouble Eagleにお任せ!

-
-
HOME > MASTERPIECE FOR UNIQUE GENTLEMAN 審美眼をもつ男に応える傑作品
RALPH LAUREN BLACK LABEL

MASTERPIECE FOR UNIQUE GENTLEMAN 審美眼をもつ男に応える傑作品

Photos: OsamiWatanabe Styling: Tatsuou Sakai Edit: Kenji Washio
数々の新作のなかから、大人の男のワードローブにふさわしく、秋のおしゃれを楽しめる傑作品を選抜。手にすることで得られる高揚感や自分に自信が備わることもまた、傑作品の価値となる。

ラルフ ローレン ブラック レーベルのライダース

   大人の男がこれから手に入れるものは、品質が高く、長く愛用できることが指針になる。それは愛用品の経年変化した様子にこそ、大人が身につけるものならではの魅力があふれるからだ。
   ラルフ ローレン ブラック レーベルのライダースはスエードにダメージ加工が施され、着はじめたときから、まるで何年も着続けたような雰囲気をもっている。そのずるさに、魅力を感じずにはいられない。ダメージ加工は手仕事で行われるため、一点ごとに仕上がりの表情が異なる。つまり、マイヴィンテージとなる演出が実に巧妙。これをはおれば、自然と着こなしに深みが出る。

RALPH LAUREN BLACK LABEL

ラルフ ローレン ブラック レーベルのライダース
TOD'S

トッズのトートバッグ

   バッグは意外と人目につくアイテム。道具としての機能性はもちろん大切だが、着こなしとの相性を妥協することはできない。しかし、さまざまな着こなしに合わせてバッグを替えることは現実的ではないだろう。だからこそ、汎用性の高いバッグがあれば助かる。
   イタリアを代表するブランド、トッズのトートバッグは理想的。ネイビーのカーフスエードとカーフのコンビネーションが洗練され、赤のパイピングがアクセント。きれいめなジャケットスタイルにもラフなジーンズスタイルにも似合い、まさにこれなら休日用バッグとしてオールマイティ。

TOD'S

トッズのトートバッグ
GIVENCHY BY RICCARDO TISCI

ジバンシィ バイ リカルド ティッシのポロシャツ

   ポロシャツは夏のアイテムだが、秋冬でもインナーにしたり、または日本と季節が逆の海外ヴァカンスを想定したり、通年で展開されることが多くなっている。もちろん、ゴルファーにとっても、一年中欠かせない。そんな定番アイテムであるからこそ、人とかぶらない一着がほしくなるのが大人の男の本音だろう。
   モードを牽引するブランド、ジバンシィ バイ リカルド ティッシのポロシャツは、そんな本音に応える。ポイントは美しい赤と、同ブランドのシグネチャーである星のマーク。街でもリゾートでも、そしてゴルフコースでも個性が光る。

GIVENCHY

ジバンシィ バイ リカルド ティッシのポロシャツ
LOEWE

ロエベのブランケット

   ブランケットは自宅ではもちろん、車に載せておいたり、肌寒い日には出先でヒザかけにしたり、はおったり。活用のシーンは幅広い。そして、そうそう買い替えるものではないだけに、上質であることにとことんこだわりたい。
   スペインのラグジュアリーブランドで1905年に王室御用達の栄を受けたロエベは、特に革製品が人気だが、ブランケットの品質も格別。柔らかな手触りで耐久性も高いウールを使い、シンプルに徹しながらも端のステッチに職人技が垣間見える。キャメルカラーの発色も極めて上品。このブランケットなら、持ち主の株は間違いなく上がる。

LOEWE

ロエベのブランケット
FENDI

フェンディのスニーカー

   昨今、カジュアル志向が強まり、スニーカーがブームになっている。いわゆるスポーツブランドのスニーカーもいいが、大人目線で格上を選んでみてはいかがだろう。
   ファー工房を併設した皮革小物店からスタートし、世界的ラグジュアリーブランドに成長を遂げたフェンディは、スニーカーもレザーの質が段違いに高い。アイコンシリーズ「セレリア」に使用される特別なレザーを用いたスニーカーは圧倒的な存在感。マウンテンブーツのようなデザインは個性的ながら、手持ちのジーンズやチノパンに違和感なく合わせられそうなところも魅力的だ。

FENDI

フェンディのスニーカー
SALVATOR FERRAGAMO

サルヴァトーレ フェラガモのコート

   ジャケットの着丈を伸ばしたようなデザインのチェスターフィールドコートタイプが人気を博している。本来はフォーマルシーン向けだが、スーツの上にはおるコートとして定着し、いまではカジュアルに着ることがトレンド。ジャケット代わりとして、中にミドルゲージのタートルネックセーターを合わせた着こなしが旬である。
   サルヴァトーレ フェラガモのコートはそんな着こなしに最適。ブロックストライプのネイビー×ブルー×グレーの配色がユニークで、かつ洗練された印象を醸し出す。生地はジャージーで、リラックスできる柔軟な着心地もさすがだ。

SALVATORE FERRAGAMO

サルヴァトーレ フェラガモのコート
GLOBE-TROTTER

グローブ・トロッターのトラベルケース

   旅の供として、英国ブランド、グローブ・トロッターのトラベルケースを選ぶセレブリティは枚挙にいとまがない。あのウィンストン・チャーチルもそのひとりで、アタッシェケースを携えたポートレートが有名だ。この秋、グローブ・トロッターはチャーチルの生誕140周年を記念したシリーズ、その名も「ザ・チャーチル」を発表した。
   特長はチャーチルが愛用したシャツとボウタイのブランド、ターンブル&アッサーとコラボレーションしたこと。ライニングにギンガムチェック柄のシャツ生地を使用している。英国の伝統を詰め込んだトロリーケースは話題になること必至。

GLOBE-TROTTER

グローブ・トロッターのトラベルケース
ERMENEGILDO ZEGNA

エルメネジルド ゼニアのジャケット

   ファブリックメーカーとして興り、いまやイタリアを代表するブランドとして成長を遂げたエルメネジルド ゼニア。デザイナーにステファノ・ピラーティを迎えてからは、よりモードな世界観を披露している。セミピークドラペルのジャケットはミニマルなデザインで、独特の雰囲気を見せる。同じ生地のようでありながら、実は織り方が異なるベストを合わせるのが新鮮。さらに、シルクのシャツを合わせれば、微差を楽しむ黒のグラデーションが完成する。堅苦しくないセレモニーに出席するなら、ノータイで力の抜けたこんな着こなしに挑戦してみたい。

ERMENEGILDO ZEGNA

エルメネジルド ゼニアのジャケット
DE double eagle Vol.4掲載
特集一覧はこちら

SPECIAL CONTENTS

PAGETOP