ゴルフライフを豊かに彩るためのトータルスタイルショップ!
ゴルフ用品の通販ならDouble Eagleにお任せ!

-
-
HOME > 7つのトレンドを押さえたら春ゴルフはいただき!

7つのトレンドを押さえたら春ゴルフはいただき!

いよいよ、ゴルフに絶好の季節が到来! 今シーズンのトレンドを
つかまえたウエアに着替えて、フレッシュな気分で楽しもう。

1

南の島でなくても
植物柄(ボタニカル柄)はあたりまえ

タウンウエアにも共通するトレンドが、リゾートムードのボタニカル柄。
これは、まさにゴルフにうってつけ!
単なる派手色とは違って、コースで映える華やかさに加えて、
リラックス感もあるから、断然、あか抜けて見える。

check!

パステル調の優しげな雰囲気をブルゾンでボタニカル柄は色調でイメージががらりと変わるが、このブルゾンはパステル調で上品なトーン。ファスナーやリブをブルーにしているから、ぼやけた感じにもならない。春ゴルフでも肌寒い日には、こんなブルゾンで気分を盛り上げたい。

ブルゾン: >アルチビオ
>ポロシャツ>トヴホ
パンツ: >パーリーゲイツ

サンバイザー: >ライル&スコット
サングラス: >オークリー
グローブ・>ベルト: >アディダス

ボタニカル柄でもブルー×グリーンは落ち着いた印象。カッタウェイと呼ばれる襟の先が大きく開いたデザインで、リラックス感が高い。素材は機能的な「クールマックス」を使用。
>マスターバニー エディション

派手さで目を引きつけるなら、赤系のブルゾンで勝負。フロントのみに、トレンドのボタニカル柄を採用している。素材はポリエステル100%で、軽やかな着心地。春先には最適の一着。
>プーマ

さらりとした肌触りで伸縮性にも富む、「京都縮織」の生地を用いたポロシャツ。グレーがベースカラーのボタニカル柄には、どこか和の雰囲気もある。コンパクトなバランスも今っぽい。
>トヴホ

ボタニカル柄のウェアを全て見る

2

パンツをフツーに見せない
織り柄入り(ジャガード柄)に注目

パンツの注目株はうっすらと柄が入ったタイプ。
ジャカード織りという、特殊な織り方による柄がトレンドだ。
派手さは控えめだが、無地とは明らかに異なる存在感があり、
おしゃれ感をさりげなくアピールすることができる。

check!

爽やかなサックスブルーも、織り柄で違いが出るサックスブルーのパンツはクリース(折りめ線)が入った上品タイプで、伸縮素材のため、はき心地が柔軟。ジャカード織りによるペイズリー柄が目新しい。これなら、柄ポロを合わせても違和感がない。パンツと同素材のベルトをするのもミソ。

パンツ・ベルト・シューズ: >アシュワース
>グローブ: >アディダス
ポロシャツ: >ビームス

パンツの腰裏に滑り止めの工夫腰裏のシリコン樹脂プリントが滑る抵抗力を高め、ポロシャツの裾が外にはみ出ることを防ぐ。いつでもきっちりと見せるための秘訣だ。

ひし形のジオメトリックな柄がレトロな雰囲気を醸し出し、それが新鮮。ネイビー系だから柄があっても着こなしやすい。裾幅が狭いテーパードシルエットが、スタイルアップを約束する。
>マスターバニーエディション

ベージュパンツはボタニカルの織り柄で、トレンド要素をかけもちする。柄はさりげなく、これなら挑戦しやすいはず。いまどきのほっそりしたシルエットでも、伸縮素材ではきやすい。
>マンシングウェア

このイエローパンツも裾幅が狭いテーパードシルエット。ジャカード織りによるペイズリー系の柄がうっすらと入り、無地とは異なるおしゃれ感。トレンドのパンツで一歩、リードしたい。
>ロサーセン

メンズ パンツを全て見る

ウィメンズ パンツを全て見る

3

ポロシャツは日焼けも防ぎ、
おしゃれに見せる襟立て仕様

ポロシャツの襟立ては首裏の日焼けを防ぐために、
ゴルフでは自然なさま。そこに、ちょっとしたアクセントがあると、
おしゃれ感でもリードできる。ポロシャツを新調するなら、
襟裏もチェックして、見極めのポイントにしよう。

ワッペン付きの若々しいネイビーポロは、吸汗速乾性が高く、さらさらした肌触りの東レが開発した素材「エアロタッシュ」を使用。襟裏には別生地をあしらって、効果的なアクセントに。
>マスターバニーエディション

襟立てが決まる、
秘密の仕組みが
2本の芯を縦方向に入れることによって、襟が自然に立つように工夫が施されている。襟の立ち方が中途半端にならない。

襟裏にトレンドのボタニカル柄 コースで映え、インパクトを残す王道ポロはこんな赤。さらに、襟裏に今シーズンのトレンド最前線であるボタニカル柄があしらわれていれば、文句なしにテンションが上がる。バックシャンなポロシャツで春ゴルフをスタート。

ポロシャツ: ロック・デュード
キャップ: >ニューエラ X >ビームス

デザインだけでなく美しく立てる 目立ちながら、爽やかさもアピールできるのがグリーンのポロシャツ。春の新緑の季節感にもマッチする。そのうえ、襟裏が二重構造になっているから、襟の立ち方が抜群にきれい。白の生地にはブランドネームがさりげなく入る。

ポロシャツ: >マーク&ロナ
ハット: >アディダス

check!

コットンに化繊をミックスした、柔らかな風合いの鹿の子編みの生地を使用。襟裏はカーキのカモフラージュ柄でトレンド感を盛り込む。襟にステッチを施し、立ちやすくする工夫も。
>ポロシャツ>ロサーセン

ピンクをベースカラーに白のボーダーを配し、さらに音符の柄をちりばめたユニークなデザイン。襟裏はピンク、イエロー、白の3色使いで、アクセント効果を発揮。後ろ姿がサマになる。
ラッセルノ

メンズ ポロシャツを全て見る

ウィメンズ ポロシャツを全て見る

4

モノトーンがこんなにキマる、
この春デビューの強力3ブランド

モノトーンでまとめるのは無難だが、つまらない着こなしとは紙一重。
だが、この春からスタートした3ブランドなら、心配は無用。
モダンなイメージで、差がつくモノトーンスタイルを実践できる。
この場合、トップスもボトムスも、ワンブランドでそろえるのが正解。

誰にでも似合いそうなシンプルさ デニムブランド、AGのゴルフラインとして今シーズンからスタート。シンプルなデザインを基本とするからこそ、シルエットのいまどき感が際立つ。ベストは細いリブと太いリブを使いわけて、体のラインに沿ったフィット感。

ベスト・ポロシャツ・パンツ・キャップ: エージー グリーン レーベル グローブ・シューズ: >ナイキ

モノトーンでありながら個性を発揮 イタリアと日本の感性の融合をコンセプトにしたニューブランドが、ザ ワープ バイ エネーレ。アスリート感覚でありながら、高感度のファッション性もアピール。トルネードを思わせるプリントのパーカは伸縮性が高く、撥水性も備える。

>ブルゾン・ポロシャツ・パンツ・バイザー: >ザ ワープ バイ エネーレ
サングラス: >オークリー
グローブ: >ナイキ
シューズ: >プーマ

スタイリッシュ、
かつ動きやすさを追求
「チームジャパン」のオフィシャルウエアに採用されたことでも話題のデザント ゴルフ。モノトーンを中心として、装飾性を排除したモダンなデザインの、ジャージ素材のベストや動体パターンのパンツは動きやすさも抜群。

ベスト・ニット・ポロシャツ・パンツ・キャップ・グローブ: デサント ゴルフ
シューズ: >フットジョイ

5

動きやすく、リラックスできる、
普段着とは見た目が違うスウェット

カジュアルスタイルがゴルフでも定着しつつあるが、
この春はスウェットを用いたアイテムが数多く登場。
部屋着っぽくならないように気をつけながら、
リラックス感の高い着こなしで新しいスタイルを目ざそう。

check

スウェットのカジュアル感が
いまどきのイメージを加速
シンプルなグレーのブルゾンはハリがあるスウェットで、ラグランスリーブも特徴。ネイビーのカーゴパンツもスウェットで細身シルエット。モモのポケットで部屋着っぽさを払拭。こんなカジュアルな印象が今春のトレンド。

ブルゾン: >ピン
ポロシャツ: >カッパ
パンツ: >ビームス
ハンチング: >ルコック
>シューズ: >ナイキ

手の甲を日差しから
守るサムホール
袖口にはサムホールと呼ばれる、親指を出すための穴がある。これは手首の半分ほどをおおって、日焼けを防ぐための工夫だ。

シンプルなライトグレーのスウェットパンツはベルトループ付きだから、部屋着っぽくは見えない。カジュアルなコーディネートにして、若々しく。足元はスニーカータイプがマッチする。
>ロサーセン

オフホワイトで、クルーネックのスウェットシャツは基本中の基本。それをゴルフスタイルに応用するのが新鮮。素材はコットン100%。普段着として兼用してもまったく遜色がない。
>パーリーゲイツ

スリムシルエットで、股には可動域を広げるための工夫があるスウェットパンツのニューカマー。斜めにつけたファスナーをゴールドカラーのラインで囲み、シンプルすぎないデザイン。
>オークリー

スウェットを全て見る

6

ブルゾンのデザインは
フライトジャケット風がこの春っぽい

街着とゴルフウエアの差が小さくなっているのが昨今の傾向だが、
トレンドアイテムとして浮上したMA-1タイプのブルゾンは顕著な例。
本来はミリタリーウエアであるために、男っぽいイメージが強く、
動きやすさも申し分ない。トレンドに敏感なゴルファーなら注目だ。

ブルーをベースカラーに、黒の太いストライプを大胆に入れ、個性を主張。MA-1らしさは、左袖のファスナーポケットに見て取れる。内側はカモフラージュ柄のメッシュになっている。
  >ルコック

表地は黒のメッシュで、内側の赤が透けるようにデザインしているところがユニーク。素材はポリエステル100%でリバーシブル。これならモノトーンスタイルでも差がつくおしゃれ感に。
>カルバン クライン

トレンドを牽引するセレクトショップ、ビームスのゴルフラインらしく、さっそく、大注目のMA-1タイプのブルゾンをラインナップ。中綿が薄く入り、肌寒い春先に適度な保温性を発揮。
>ビームス

左袖にあるファスナーポケットは、MA-1を象徴するデザイン。ゴルフなら、ティやマーカーの収納場所としても役立つ。

袖口や裾口はリブで、フィットすることもMA-1タイプの特徴。防風の役割を担うが、これはゴルフでもメリットになる。

ブルゾンを全て見る

7

行き帰りにはきちんと見えるのに
着心地はソフトなパイル地のジャケット

タオルのような風合いのパイル地がこの春、注目の素材。
その魅力は肌触りの心地よさと、リラックス感あふれたイメージ。
テーラードデザインのジャケットなら、きちんと感もキープできる。
しわになりにくい特性も、行き帰りのドライブにうってつけ。

ネイビー×白のストライプ柄は、爽やかなマリンテイストのイメージ。素材はコットン100%の伸縮性が高いパイル地で、見た目はもちろん、実際のはおり心地もリラックス感があふれる。
アルテア

薄手のパイル地で、カーディガン感覚ではおれる。このジャケットにはポロシャツやTシャツも違和感なくマッチするから、ゴルフの行き帰りだけではなく、休日着として大活躍する。
ブルー エ グリージオ

パイル地でも黒を選べばカジュアル感が強すぎず、シックで大人っぽい着こなしになる。胸ポケットの内側の生地を引き出すと、ポケットチーフになる工夫も見逃せないポイント。
ディスティンクション

ジャケットを全て見る

メンズ春夏ウェアを全て見る

ウィメンズ春夏ウェアを全て見る

特集一覧を見る

SPECIAL CONTENTS

PAGETOP