Double Eagle

DE Double Eagle

Double Eagleで別格ゴルファーになる

セーターやベストよりも個性的に
ブルゾンとしてカシミヤを着こなす

ブルゾンやポロシャツといった化繊のアイテムがゴルフスタイルでは主役。だが化繊とは素材感がまったく異なり、暖かみのある風合いをもつニットが加わると、コーディネートは深みを見せる。しかもゴルフウエアにおけるニットの個性は、上品なだけでなく、スポーティさも兼ね備えたもの。カシミヤの贅沢な質感を、さらりと取り入れるだけでもスマートだし、見慣れたコンサバ風に逃げ込まず、遊びのあるデザインでアピールするのもいい。

recommendation01_text

ニットの質感が加わるだけで、
スタイルは洗練される

recommendation02_text

化繊の裏地をもつウールセーターは北風を通さない
シンプルなウールのセーターには、防風機能をもった化繊の裏地が用いられていて、まさにニットと化繊のメリットを上手にミックス。ブリティシュスポーツの上品なイメージが精悍に映える。

ニットと化繊をミックスするのが
今風アスリートスタイル

ニットのアウターであれば、おしゃれ度はアップするが、北風をスルーしてしまい寒さが心配。化繊の中綿ブルゾンであれば寒さには強いが、どうしてもアスリート感が強くなりがち。ニットと化繊が組み合わされたアウターは、機能性もルックスも、言ってみれば両方のいいトコどり。これまでイメージが刷り込まれてきた、アスリート風の中綿ブルゾンよりもこなれて、通常のニットよりもスポーティ。さらにこのミックス感覚はスタイルをよりモダンに見せてくれる。

スポーティでもあり
カジュアルにも見えるパーカ

recommendation03_text

過酷な環境にも対応できるダウンらしい暖かさ
ダウンジャケットに用いられているビビッドなイエローはザ ノース フェイスらしい配色。
ダウンベストはカモフラをアレンジ。タウンでもすんなり着られる高機能がブランドの人気の秘密だ。

機能性重視のアウトドアウエアは
ゴルフでも実力を発揮

これからのシーズン、プレーウエアとしても、コースへの行き帰りにも活躍するダウンウエア。アウトドアウエアとして人気を集めるザ ノース フェイスは、その素材であるダウンにこだわりを見せる。それは三重の河田フェザーが生み出す、高品質の国内精製ダウンだ。超軟水によって、徹底的に羽毛の汚れが取り除かれている。それにより不純物を含まないダウンは、羽毛本来の保温、放湿性能が完璧に再現されている。ゴルフシーンでも頼もしい存在だ。

recommendation04_text

ゴージャスでワイルドなスタイルは寒さにも対応する
裏地に起毛素材を用いたダウンベストなら寒さ対策も十分。
パンツはヘリンボーン柄の暖かなニット素材だが、側章が入って、すっきりとしたシルエットを強調。

プラスしてもマイナスしても
完成度は変わらない重ね着

朝夕は肌寒く、日中はほどほど日差しが注ぐ。温度差があるこの季節のスタイリングはけっこう厄介。それも慌てて付け足した感のないルックスを目指すならなおさらだ。このマーク&ロナのレイヤードは、ダウンベストを脱げば、裏地が起毛したプルオーバーになり、1枚になっても寒々しさはない。またニットのパンツは、裾にジッパーがつき、温度の調整にも役立つ。もちろんマーク&ロナらしさもしっかりとアピールできる、賢いコーディネートだ。

recommendation05_text

世界限定45足の足元を彩る特別な「赤」
メダリオンが入った、外羽根のクラシックなフォルム。同梱されたキルトで、よりドレッシーな演出も可能。
人工皮革製で防水、通気にも対応。世界で45足という限定カラーだ。

スタイルを一変する
レッドシューズの大胆なインパクト

タイガー・ウッズのポロシャツではないが、ウエアの鮮やかな赤はチャレンジングなイメージもあり、そのスタイルは容易に想像できる。だがシューズなど小物に用いられる大胆な赤は、あまり目にする機会がない分、ウエア以上に鮮烈な印象をもたらす。このシューズはメダリオンなどクラシックなディテールをもちながら、光沢のある艶っぽい赤をまとう。そのたたずまいはオーダーシューズと見まがうばかり。なんともスタイリッシュな脇役だ。

recommendation06_text

J.リンドバーグらしいシャープでミニマムな印象
鮮やかなブルーも、艶のあるブラックもJ.リンドバーグのゴルフウエアではよく用いられるカラー。
身につけるウエアとの相性も、キャディバッグのセレクトの基準になる。

存在感のあるツアーモデルこそ
デザインが気にかかる

ツアーモデルのキャディバッグの場合、そのデザインがブランドネームやロゴに終始することが多い。そこが使い勝手はよくても満足できない理由だ。このキャディバッグも、ブランドネームやロゴがシンボリックに描かれてはいるものの、やや控えめな存在感。むしろエナメル仕上げのPVCの艶とポイントに用いられたブルーの光沢とのバランスが重視されている。ブランドネームや過度なカラーしか印象に残らないキャディバッグとは明らかに別モノだ。

※表示価格は税抜価格となっております。予告なく変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。

Double Eagle GINZA

Double Eagle GINZA

ラグジュアリーなライフスタイルを‘編集‘する新型ゴルフセレクトショップ。世界中から選び抜かれた商品群がクールな空間を演出。ご来店する度に新たな驚きと感動を提供いたします。

店舗情報

Double Eagle 恵比寿

Double Eagle 恵比寿

レトロとモダンが融合する恵比寿駅から徒歩5分。明治通り・駒沢通りに接しながら、周囲は約30もの大使館が立ち並ぶハイソな雰囲気。ぜひ散策がてらお気軽にお立ち寄りください。

店舗情報

Double Eagle 青山

Double Eagle 青山

ファッションやグルメなどライフスタイルの情報発信地として常に注目を集めている街、青山。感度の高いゴルファーに向けて、国内外の厳選したセレクトアイテムからトレンドアイテムまで数多く取り揃えております。
練習がてらぜひお気軽にお越しください。

店舗情報
PAGE TOP