ゴルフライフを豊かに彩るためのトータルスタイルショップ!
ゴルフ用品の通販ならDouble Eagleにお任せ!

-
-
HOME > DE DRIVE - BE THE LEADING LIGHTS -湧き上がる発信力

DE DRIVE

DE DRIVE - BE THE LEADING LIGHTS -湧き上がる発信力

メルセデス・ベンツCLS 220 ブルーテック シューティングブレーク

Mercedes-Benz CLS 220 BlueTEC Shooting Brake

最新技術による卓越した安全性、そして環境性能と燃費性能を実現した
〈メルセデス・ベンツCLS 220 ブルーテック シューティングブレーク〉。
メルセデス・ベンツ初のマルチビームLED ヘッドライトを搭載し、このライトだけでもいくつもの安全性に貢献する。

DRIVE Mercedes-Benz CLS 220 BlueTEC Shooting Brake

メルセデス・ベンツCLS 220 ブルーテック シューティングブレーク

E クラス(セダン/ステーションワゴン)にも4気筒クリーンディーゼル搭載モデルが追加

E 220 BlueTEC AVANTGARDE

E 220 BlueTEC AVANTGARDE

E 220 BlueTEC STATIONWAGON AVANTGARDE

E 220 BlueTEC STATIONWAGON
AVANTGARDE

ライフスタイルに合わせた
ベストなモデルを

<CLS 220 ブルーテック シューティングブレーク>とともに、ゴルフにショッピングに温泉にホテルステイに美食体験と、濃密な2日間を満喫した今回のゴルフ旅。
まさに味わいつくしたと思いきや、東京へと向かう帰路でも<CLS 220 ブルーテック シューティングブレーク>の実力を体感。ドライブにおけるストレスの代名詞である渋滞だが、例のごとく「大和トンネル先頭に〜」に厚木からハマりつつ、首都高に入っても再び渋滞。
普段であればげんなりだが、先に述べたディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)は、渋滞においても威力発揮。先行車が停止すれば自車も停止し、アクセルを踏むかクルーズコントロールレバーを引くだけで再発進。
そして十分な車間距離が保たれれば、設定速度まで自動加速する。ドライバーの疲労を軽減するだけでなく、うっかりミスによる事故を防ぎ、安全性にも繋がっているのだ。
そして燃費、パワー、環境性能にも優れた4気筒クリーンディーゼルエンジン搭載車はEクラスにも登場。最大の問題はどれを選ぶかだ。

CLS 220 BlueTEC Shooting Brake
クーペの美しさを湛えつつ後部座席の居住性も高く、グラマラスでいてシャープなスタイリングは独自の存在感を放つ。今回の撮影車両はAMGラインのパッケージオプションを装着。
エンジン:DOHC直列4気筒ターボチャージャー付
トランスミッション:電子制御7速AT
総排気量:2,142cc 使用燃料:軽油 燃料消費率:18.3q/ℓ
全長x全幅x全幅4,960x1,880x1,420mm

問い合わせ先:メルセデス・コール
tel:0120-190-610
(9:30-19:00/月〜金曜、9:30-18:00/土・日曜)
http://www.mercedes-benz.co.jp/

メルセデス・ベンツCLS 220 ブルーテック シューティングブレーク

最新鋭のテクノロジーを搭載しつつ、CLSならではのクールなルックスは熱い走りを予感させる。格好よ くて、速くて、便利で、賢くて。車のベンチマークを発信し続ける、メルセデスの矜持がそこにある。

CLEVER,COOL &HOT!

メルセデス・ベンツ。言わずと知れた車のベンチマークであり続けるメーカーであり、そのプロダクトは「いい車」であることは当たり前。ジェネラルであってスペシャル、常に車の未来を描き、時代の先を走るアウトプットを発信しなければ、ドライバーの満足を引き出すことはできない。

今回のDEドライブのパートナーに選んだのは、3月末に発表されたばかりの<メルセデス・ベンツ CLS 220 ブルーテック シューティングブレーク>。勝負に向かう心を掻き立てる精悍なデザインのフロントマスクに、クーペのごとき流麗なライン、そこにワゴンのユーティリティ性が溶け込んだスタイリングは、ゴルフにとっては格好のセッティングとなっている。加えて「ブルーテック」の名の通り2.2リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載し、燃費性能も自慢の一つとなっている。

目指したのは、富士山に抱かれた御殿場のプライベートコースと、箱根・強羅のリラックス&ラグジュアリーホテルでのステイ。まずは首都高速から東名高速経由で高速クルージングが続く。ホールド感に優れたスポーティなコクピットとシャープな操作性は、朝のドライブにきりりと引き締まったスパイスを与えてくれる。ステディでいて切れ味のある思いのままの走り、自分のスイングもこうなりたいものだ。

メルセデス・ベンツCLS 220 ブルーテック シューティングブレーク

最新テクノロジーが叶える新次元の走り

着々と目的地までの距離を詰める<CLS220 ブルーテック シューティングブレーク>。ロングドライブをより快適なものとしてくれるのが、メルセデス・ベンツの先進の安全運転支援システムの一つ、ディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)のクルーズコントロールシステムだ。設定速度で巡航しつつ77GHz(中・長距離)と25GHz(短距離)の2種類のレーダーセンサーによって先行車の速度に応じた車間距離を維持し、減速が必要な場合はスロットルとブレーキを自動調整してスムーズに減速する。

さらにステレオマルチバーパスカメラと組み合わせることで、車線のカーブと先行車両を認識しステアリング操作をサポート。ドライバーはステアリングに手を添えているだけで、カーブにおいても先行車の追従走行をサポートする。東名高速・大井松田インターを過ぎてからのワインディングの登り坂もシームレスな減速と加速で駆け上がっていく。

こんな快適で最新のドライブフィーリングに加えて4気筒クリーンディーゼルエンジンならではの18.3km/ℓ (JC08モード走行)という燃費性能も大きな魅力。長距離ドライブが必須となるゴルファーにとっては、より一層ランニングコストへのインパクトは大きい。そして未知の走りに驚くうちに、早くもコースへ到着。

ROUND TAIHEIYO CLUB GOTEMBA WEST

太平洋クラブ 御殿場WEST

リゾート感に包まれながら、
フラッグシップ同様の醍醐味も満喫

『太平洋クラブ 御殿場WEST』は東名高速の御殿場インターから約20分と好アクセス。前述の最適な車間距離を自動でキープするディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)の恩恵もあり、100kmを越えるドライブながら、まさにストレスフリーでの到着となった。優れた燃費性能を享受しつつ、<CLS 220 ブルーテック シューティングブレーク>ならではの、開口部の広い後部の大型ラッゲジルームの高いユーティリティ性も嬉しく、キャディバッグやボストンバッグの収納や出し入れにおいてもストレスが少ない。

避暑地のロッジを思わせるリゾートテーストを湛えたクラブハウスは優雅なゴルフの1日を予感させる。そして当日は見事な快晴。富士山もすっきりと姿を現し、プライベートクラブならではのきめ細やかなサービスとクオリティの高いコースコンディションによるもてなしに、自ずと気分が上がる。近接するビッグトーナメントの開催でも知られるフラッグシップ『太平洋クラブ 御殿場コース』同様、規律ある林で区切られたホールは、ティインググラウンド、フェアウエイ、グリーン、どこに立っても各ショットごとに心地よい集中と緊張に包まれる。リゾートコースの快適性を満喫しながらも、こうしたゴルフの醍醐味も堪能できるのが『太平洋クラブ 御殿場WEST』の魅力だ。

太平洋クラブ 御殿場WEST

澄み渡る空気に抱かれ、パースの効いたホールに立つと、そこはナイスショットを待つ劇場空間。
『セレクト・ザ・クラブ』も登場し、その魅力にさらななる磨きをかけた。

太平洋クラブ 御殿場WEST
太平洋クラブ 御殿場WEST 太平洋クラブ 御殿場WEST
〒412-0008 静岡県御殿場市印野1044-1
tel:0550-89-0330
http://www.taiheiyoclub.co.jp/course/

女性ゴルファーに嬉しい、
WEST 版『セレクト・ザ・クラブ』

そして今年3月から、『太平洋クラブ 御殿場WEST』ならではの醍醐味に加わったのが、新たなプロショップ『セレクト・ザ・クラブ』だ。ご覧の通り(左下写真)、これまでのゴルフコースのプロショップとは一線を画するモダンなブテッィック空間。商品においてもゴルフメーカーのウエアに加えて、タウンカジュアルの中からもゴルフシーンやゴルフトラベルにフィットするアイテムが展開されており、セレクトショップとしての雰囲気、商品ライナップを兼ね備えたスペシャルな時間と場所を提供する。

同名の『セレクト・ザ・クラブ』は御殿場コースにもオープンしているが、そちらはオーセンティックな重厚感が特徴で、WESTは女性ゴルファーも強く意識した、リゾー トテースト溢れるカジュアルな仕立てとなっている。ラウンドはもちろんのこと、ショッピングも目的の一つとなりうるクオリティの高さだ。

ショップには気持ちのいいオープンデッキテラスも設けられており、その目の前には練習用のパッティンググリーンと10番ホールのティインググラウンド。リゾート気分満点で、ゆったりとラウンドへの準備を整えることができる。

快適なドライブ、ダイナミックな景観に抱かれた爽快なラウンド、そして楽しいショッピングと、心踊るコンテンツの連続。ぜひとも女性をエスコートして訪れたいものだ。

HYATT REGENCY HAKONE RESORT&SPA

ハイアット リージェンシー 箱根リゾート&スパ
ハイアット リージェンシー 箱根リゾート&スパ

箱根にあるホテルの中では異彩を放つ、モダンでスマートなリゾート空間。16時からのコンプリメンタリーのドリンクサービスが実施されるリビングルームは、部屋に用意された浴衣での利用も可能。温泉で和みつつ、優雅にアペリティフと、これまた欲張りなパッケージ。

ハイアット リージェンシー 箱根リゾート&スパ

ハイアット リージェンシー 箱根リゾート&スパ
〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町1320 tel:0460-82-2000
http://hakone.regency.hyatt.com/

あえてのステイにて、
ゴルフの1日がより充実

ラウンドに加えて『セレクト・ザ・クラブ』でのショッピングも楽しんだ後は、 次なる目的地、箱根・強羅の『ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ』を目指す。日帰り可能な距離ながら、このあえてのステイがゴルフの時間により充実した彩りを添えることとなる。

御殿場インターを過ぎると強羅へは、乙女峠を越える約30分弱のタイトなワインディング走行。<CLS 220 ブルーテック シューティングブレーク>のスポーツ走行性能を楽しむにはちょうどよい舞台といえる。切れ味のあるコーナリングに加えて、ディーゼルエンジンならではのトルクフルな走りによって、タイトなコーナーをきびきびと抜けていく。

到着は16時。コースでのお風呂をパスしたので、まずは温泉を堪能。モダンなホテル空間での和みの温泉タイム。説明するまでもなく堪らない。17時、ゆっくりとリフレッシュした後、箱根の 山を眺めながら客室にて一休み。都内のホテルと比べたらスイートとも思える余裕の広さを誇り、部屋から一歩も出なくてもいいほどの心地よい空間なのだが、18時、ディナーの前には軽くアペリティフを楽しむためにリビングルームへ。ここでは16時から19時までコンプリメンタリーのドリンクサービス(宿泊料金内の無料サービス)が行われており、シャンパンにて乾杯!

DINNER / HYATT REGENCY HAKONE RESORT&SPA

ハイアット リージェンシー 箱根リゾート&スパ

宝探しのごとくひっそりと佇む「シェフズ ターブル」。当日のメニューはおみくじ仕立てという演出も。

ハイアット リージェンシー 箱根リゾート&スパ

秘密のドアの奥に佇む珠玉の美食空間

18時30分、ディナーは知る人ぞ知る「シェフズ ターブル」へ。一昨年7月に総料理長に就任した金山康弘氏が、一夜 につき最大4テーブルのみのゲストに腕を振るうスペシャルな食空間で、1週間前の予約を基本とし、そこから素材を吟味し集め、1夜限りのオリジナルディナーを作り上げる。金山氏はパリでミシュランガイドの一つ星を獲得した注目の日本人シェフの一人だったが、ホテルの総支配人・野口弘子氏自らがフランスを巡り、箱根の地のシェフに相応しい金山氏をスカウトしてきたのである。

そんな金山シェフの料理は、素材の味を最大限に生かしながらも、計算された緻密な技術が随所に込められており、味わいは奥深く繊細。メニューには素材名しかなく、調理方法は直前に変わることもあるという。そして写真の通り、目にも楽しませてくれる美しいコースとなっている。季節に応じて、その日のために練り上げられる一期一会のコース料理。なんとも贅沢な晩餐である。

料金は一人1万8000円(税・サービス料13%別)。この中には料理だけでなく食前酒としてシャンパン一杯が含まれており、水もスティルからスパークリングまでこだわりの5種が用意され好きなものをオーダーできる。特別な日にはぜひ、いや訪れる度に「いつもの場所」にしたい、珠玉のひと時だ。

金山康弘シェフ 金山康弘シェフ。パリのレストラ
ン『ラ・ビガラード』時代にミシ
ュラン一つ星を獲得。
特集一覧を見る

PAGETOP